むちむち日記

かくほが気まぐれに更新する、気まぐれブログ。

座頭市・・・

座頭市・・・
すごく良かったと思います。
観れば観るほど感情移入しちゃいます。

ここんとこ映画の感想なんて書いてなかったけど、
久しぶりに書きたくなったので書きます。

っていっても、全く言葉が浮かばなくて、
ただ思いついたことを書き並べるだけですが・・・。


とりあえず、ネタバレもあるかもしれないので、
ご注意下さいm(__)m








1番最初にウルッときたのは、市が故郷に帰るシーン。
普通の人(笑)は泣くほどではないのかもしれませんが・・・


市の故郷にはもう誰も居なくなってて、
すっかり荒れ果ててるんですけど、村に着いたときに、
タネ(奥さん)の赤いマフラーを握り締めて、高く掲げるんですよ。

「帰ってきたぞ」
「ここが俺の故郷だぞ」って感じで・・・。

音楽も1番盛り上がるところだし、
市の気持ちを考えたら、涙が溢れました。

一緒に帰って来たかっただろうな・・・。


あとは、ベタかもしれないけど、
タネにマフラーを巻いてもらうシーンとか
タネが殺されちゃうところとか、
ミツ(倍賞さん)と市の雪の中のシーンとか・・・


切りたくないのに切らなきゃならない葛藤とか、
タネを想う気持ちとか・・・
どのシーンにも気持ちがこもってて
ホントに感情移入してしまいました。

やくざとか言われてるし、いっぱい人も殺してるけど、
ホントは優しいんですよね。
表情とか、言葉の端々とか、
「すいやせん・・・」という言葉にも
優しさが感じられました。


最後のシーンでも
やっぱり市は赤いマフラーを握り締めているんです。
ずっとずっと、タネのことを想ってるんですよね。




・・・と今思い出しても泣ける・・・(ノ_・。)

まぁ、私は
オープニングで慎吾の名前が出ただけでも泣けるんで(笑)
普通の人とは泣くポイントが違うかも・・・ですが(^_^;)




やくざの座頭市の話なんで、
もちろんザクザク斬り合ったりしてて痛いんですよ。

私、斬り合いとか撃ち合いとかの映画が
大っ嫌いなんですね・・・。

だけど、それだけじゃない・・・
愛のある話なんで、何度も観たいと思ってしまいます。


あ、そうそう。
音楽がいいです。全体的に。


阪本監督が探してきた人なんだそうです。
CDショップでいろいろ視聴とかするなかで、
「これだ!」とジャケ買いしたらしいですよ。




ボキャブラリーと文章力のなさに自分で呆れつつ、
これで終わりにします。

言いたい事の半分も伝わらなそうだけど仕方ない(-_-;)



今日でとりあえず3回目。
あと3回は観る予定です(^^ゞ


まだ観ていない方は、ぜひ劇場へ・・・!!
  1. 2010/06/09(水) 02:11:51|
  2. 映画

プロフィール

かくほ


☆出演作品☆
・SMAP LIVE MIJ
・交渉人 真下正義
・小早川伸木の恋
・SMAP×SMAP '07正月SP
・SMAP×SMAP '08.08.25

ほとんど1~3秒(笑)

最近のコメント

最近の記事

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード